Webのこと

登録無料。BASEとSTORESで販売ルートを広げる方法

ベースとストアーズどっちを選ぶ?

BASEとSTORESって何が違うの?

どっちがいいですか?

という質問をよくいただきます。

判断の基準は色々あるのですが、
まずは・・・

売りたいものと、決済方法、どんな機能が自分の事業に合っているかを確認しましょう。

運営していくと、手数料の違いが出てきます。
手数料が安いのはSTORESです。

私の場合は「BASESTORESどちらも運営しています」
販売したいものによって使い分けています。

それぞれでメリット・デメリットがあります。
そのため、どちらが良いかというのは「人それぞれ」なのです。

以下に、機能や手数料の比較をしてみました。
運営してるリアルな感想も書いているので参考にしてみてください。

こんな方におすすめ

  • 手数料の比較をしたい
  • STORESに決めようと考えている
  • BASEに決めようと考えている
  • サービスがたくさんあって、迷っている

 

ネットショップサービスの種類

先に、ネットショップの全体を理解しましょう!
ネットショップには、
ECモール
②ショッピングカートがあります。

①ECモール型

「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「zozotown」などがこれです。

メリット

集客力
認知度ブランド力が高い

デメリット

モール内での競争・集客
デザイン性低い(ECモールに準ずる)
・価格競争
・既存商品で戦いにくい(ライバル多し)
出品費がかかる
売り上げに応じた手数料がかかる場合がある

②ショッピングカート型

BASE、STORESがこれ

メリット

初期費用0円で立ち上げることができる(※有料もあり)
初心者の方向け
デザイン性が高い
・ブログやホームページを持っている人は自分で集客ができる

デメリット

・SNSで発信したり、プロモーションが必要。
集客が難しい
売上が増えると手数料も高い

ネットショップ初心者に向いてるのはどっち?

ショッピングカート型です!

なんといっても、手軽に始められるというのがポイント!

売り上げが上がると、手数料も高くなっていくのですが、

売り上げがどのくらいになるか分からない。
とりあえず初めてみたいという方は、絶対にこのショッピングカート型がオススメ!

 

サトコ
販売店が多いと。人目にも多く触れますよね。

 

手数料はどのくらい?【BASEとSTORESの比較】

初期費用・登録料・月額

どちらも、商品が売れるまで手数料は発生しません。

初心者にとっては必須の条件と言えます。

  BASE STORES
初期費用/登録料 無料 無料
月額 無料 無料

 

決済手数料・サービス料

「商品が売れて・支払いがされたこと」に対し、販売者であるあなたBASESTORESへ支払うお金です。

支払い方法が選べるというのはユーザーにとって魅力的です。

ゆえに、購入ハードルが下がります。

決済手数料は必要な経費だと思っていいでしょう。

  BASE STORES
決済手数料 1回の取引でカウント
総合計(送料含む)に対し、3.6%+40円
1回の取引でカウント
総合計(送料含む)に対し
5%
サービス利用料 1回の取引でカウント
総合計(送料含む)に対し、、3%
-
合計 6.6%+40円 5%

ところで、このBASEだけにある「サービス料」ていったい何?

公式サイトには、広告を出したり便利な機能をつけたり、困った方のサポート代として納めるお金です。

 

STORESはクレジット導入に審査がある?

「クレジットカード決済」を導入したい場合、販売者の審査が必要です。カード会社の審査は約2週間程(個人差あるようです)かかるということ。
審査があると若干ハードルが高いかもしれません。

振込申請・手数料

BASESTORES預かっている状態売上金を受け取るための手数料

  BASE STORES
振込手数料 一律250 一律275
振込申請期間
振込申請をしてからお金を受け取るまでの期間。
振込申請をした日から10営業日(土日祝除く) 月末締め、翌月払い
振込申請期間
売り上げから振込申請が可能期間。
売上が計上された日から180日 売上が計上された日から1年間
振込申請回数 1日につき1回まで。
ただし申請のたびに手数料がかかる
振込申請金額
振込申請できる最低金額
振込可能残高が751円以上になると、振込申請が可能。
最大100万円まで申請が可能。
振込可能残高が551円以上あれば振込申請が可能。
事務手数料 ・2万円未満の場合:500円
・2万円以上の場合:0円
1万円以上の振込可能残高があれば無料。
振込可能残高がそれ以下は275円

 

BASE

20,250円以上の売上金がないと、500円
50,000円の売上金があると、手数料で3,590円

 

STORES

10,275円以上の売上金がないと、275円
10,275円の売上金であれば、振込手数料一律275円

手数料

BASEの方が高い

 

サービス内容の違いは?【BASEとSTORESの比較】

  BASE STORES
決済方法 クレジットカード決済
コンビニ(Pay-easy)決済
銀行振込決済
キャリア決済(スマホ)
PayPal決済 後払い決済
クレジットカード決済
コンビニ
キャリア決済(スマホ)
銀行振込
Paypal
翌月後払い(Paidy)
楽天ペイ
販売商品 ダウンロード販売(専用App)
定期便販売(専用App)
ダウンロード販売可能。
定期販売。
クレジット決済の導入手続き なし クレジットカード審査がある
デザインカスタマイズ面 有料・無料テンプレあり
HTML/CSS/Js使用可能(専用Apps
有料・無料テンプレあり
HTMLカスタマイズ不可
ブログ機能
(お知らせ更新・コンテンツSEO対策)
○(専用App) NEWS機能あり
独自ドメイン 好きなドメイン が使える
(専用Apps)
独自ドメインは使えない
インスタ販売連携 ○(専用Apps)
サイトに購入ボタン埋め込み なし

BASEの専用Appとは、インストールすると使えるアプリです。

 

まとめ

売り上げをあげたいのであれば、販売店舗は多くてもいいのかなと思います。
ユーザーがSTORESをよく使う、BASEをよく使うというような場合、自分がよく使うネットショップで決済できるとお買い物のハードルも下がりますよね。


結論、2つのサービスもどちらも開設していいと思います
売れるまではお金がかからないので、開設しておいて損はないです。

でも、管理面大変だし、とりあえず1つに絞りたいという方、
手数料の部分を重視してSTORESを選ぶか、使いたい機能がBASEにあるのであればそちらを選択するのがいいでしょうl。

登録は30分で終了です。
早速、始めちゃいましょう〜!

\登録する/
BASE

 

\登録する/
STORES

タグ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

近所のWEB屋さん

WEBディレクター/動画編集/デザイナー/として活動。 カフェラテ中毒の自由人。 パソコン1つで色んなことやってます。

-Webのこと
-, ,

© 2021 MUA Design Powered by AFFINGER5